急性胃腸炎の原因、またどんな症状がありますか?

急性胃腸炎の原因、またどんな症状がありますか?

急性胃腸炎とは
急性胃腸炎とは、主にウイルスや細菌などによって胃や腸に炎症が急性に起こる状態をさします。通常、激しい嘔吐、下痢や腹痛などの症状を伴っています。急性胃腸炎を引き起こす原因は様々ですが、それらの原因によって感染性胃腸炎、非感染性胃腸炎及びストレス性胃腸炎(神経性胃腸炎)という三種類に分かれています。更に急性胃腸炎になる場合、感染性胃腸炎がほとんどですが、中で細菌性胃腸炎より、ウイルス性胃腸炎が圧倒的に多いと報告されています。

急性胃腸炎の症状
急性胃腸炎の症状というと、主に激しい下痢や嘔吐、胸やけ、腹痛、血便、全身を襲う倦怠感、また咳や鼻水、発熱等の風邪症状があります。ウイルスや細菌による感染性胃腸炎の場合、風邪とよく似た症状が現れてくることができますが、それで風邪とされて治療を行うことが多いです。

もし激しい下痢や嘔吐が繰り返されると脱水症状が出ることもあります。特に子供の場合は、自分の症状を的確に言葉にする事ができないため、唇がカサカサに渇いていたり、長時間おしっこが出ていない時などは脱水を疑って病院へ行ったほうがいいと考えられています。

急性胃腸炎の原因
急性胃腸炎を引き起こす原因は様々ですが、明らかな原因によって起こることがあり、原因が不明な場合も少なくはありません。前で言ったように急性胃腸炎はおもに感染性胃腸炎、非感染性胃腸炎及びストレス性胃腸炎という三種類があります。それで急性胃腸炎の原因はだいたいウイルスと細菌、暴飲暴食、ストレスなどが分かります。

ウイルスと細菌
急性胃腸炎の多くの原因はウイルスと細菌です。ウイルス感染は、ノロウイルスやロタウイルスによって引き起こされ、細菌感染は、主にサルモネラ菌や、腸炎ビブリオ、カンピロバクター、O-157などが主な原因と考えられます。

暴飲暴食
暴飲暴食をすれば、必然的に胃は荒れます。必要以上に食べ過ぎたり、お菓子などの間食が多すぎると、胃への負担が大きくなり、症状悪化の原因となります。

ストレス
急性胃腸炎とストレスは密接な関係があると言われています。その理由に、人間はストレスを感じると脳が刺激され、その刺激が自律神経に伝わると胃腸の動きが活発になりますが、この時、胃が必要量以上の胃酸を出してしまうため胃粘膜が荒れてしまいます。そのため、普段であれば問題ない食べ物やアルコールなどを摂取した時に、弱った胃粘膜が破壊され胃腸炎を引き起こしてしまうのです。また、ストレスにさらされると体の免疫力が低下するのも胃腸炎になりやすい原因となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です