細菌性胃腸炎と急性胃腸炎の区別

細菌性胃腸炎と急性胃腸炎の区別

急性胃腸炎は細菌やウイルス性の他に、精神的ストレスからも発作する病気と言われています。激しい腹痛や下痢の症状から発熱や倦怠感で「流行の風邪かな?」と思いそうな症状です。しかし、急性胃腸炎は酷い場合、血圧低下や意識障害といった症状を引き起こす恐れがあるため、決して安易に捉えると危険です。ですから早めの段階で医療機関へ行き、専門家に診てもらって症状にあった薬を服用し、正しい治療を行なうのがよいでしょう。

急性胃腸炎になる方は日常生活や仕事のストレスと深く関係があります。その原因は、人間はストレスを感じると脳が刺激され、その刺激が自律神経に伝わると胃腸の動きが活発になりますが、この時、胃が必要量以上の胃酸を出してしまうため胃粘膜が荒れてしまいます。そのため、普段であれば問題ない食べ物やアルコールなどを摂取した時に、弱った胃粘膜が破壊され胃腸炎を引き起こしてしまうのです。また、ストレスにさらされると体の免疫力が低下するのも胃腸炎になりやすい原因となります。

細菌性胃腸炎は、ウイルス 性胃腸炎ほどは多くありません。大腸菌 やカンピロバクター属、赤痢菌属、サルモネラ属の細菌のうちの一部の株は、小腸や結腸の粘膜に侵入する性質をもっています。菌はそこで細胞を破壊して小さ な傷(潰瘍)をつくり、出血を起こし、タンパク質や電解質、水分を含む体液を大量に漏出させます。そのような下痢には白血球や赤血球が含まれており、血液 が見えることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です