胃腸炎の症状について

胃腸炎の症状について

胃腸炎をおこす感染症のうち、細菌やウイルスなど、人と人とで感染してしまうものがあるそうです。下痢だと、手をしっかり洗わないと、手についた菌が他のものに触れ、菌が口の中にはいってしまったり、嘔吐だと、吐いたものをしっかり拭きとって殺菌しておかないと、嘔吐物が乾燥して軽くなり、空中に飛んで口の中にはいってしまったりと、感染してしまう可能性が出てきてしまいます。感染性の胃腸炎の方が周りにいる可能性があるのであれば、なおさら清潔を心がけておかないと、感染はいくらでも広がる可能性があると言われています。

胃腸炎がある場合には、吐き気を強く伴い、全身の筋肉痛、関節痛を併発することがしばしばあります。つまり、風邪に似た症状が現れて、頭痛もその一つでございます。だから、胃腸炎がある患者は主に頭痛の病症もあります。頭痛がひどい場合は、痛みを緩和させる薬を服用したいところですが、原因が胃腸炎にあるならば薬は胃に刺激を与え、かえって状況を悪くしてしまいます。

吐き気や腹痛などの状況によって、それなりの痛み止めや吐き気止めの治療薬もあります。下痢・嘔吐などの症状が現れるときには、必要最低限の水分のみ摂取し、安静にしましょう。症状が治まってきたら、無理のない食事摂取や水分摂取をしていきます。胃に優しい消化のいい食べ物が一番最適です。通常、健康な大人だと、症状は比較的軽くて済むそうなのですが、免疫が弱くない人や乳幼児、高齢者だと、下痢や嘔吐で脱水が起こってしまったり、電解質バランスが崩れたりし、本当に大切なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です