Monthly Archives: 11月 2016

細菌性胃腸炎と急性胃腸炎の区別

細菌性胃腸炎と急性胃腸炎の区別

急性胃腸炎は細菌やウイルス性の他に、精神的ストレスからも発作する病気と言われています。激しい腹痛や下痢の症状から発熱や倦怠感で「流行の風邪かな?」と思いそうな症状です。しかし、急性胃腸炎は酷い場合、血圧低下や意識障害といった症状を引き起こす恐れがあるため、決して安易に捉えると危険です。ですから早めの段階で医療機関へ行き、専門家に診てもらって症状にあった薬を服用し、正しい治療を行なうのがよいでしょう。

急性胃腸炎になる方は日常生活や仕事のストレスと深く関係があります。その原因は、人間はストレスを感じると脳が刺激され、その刺激が自律神経に伝わると胃腸の動きが活発になりますが、この時、胃が必要量以上の胃酸を出してしまうため胃粘膜が荒れてしまいます。そのため、普段であれば問題ない食べ物やアルコールなどを摂取した時に、弱った胃粘膜が破壊され胃腸炎を引き起こしてしまうのです。また、ストレスにさらされると体の免疫力が低下するのも胃腸炎になりやすい原因となります。

細菌性胃腸炎は、ウイルス 性胃腸炎ほどは多くありません。大腸菌 やカンピロバクター属、赤痢菌属、サルモネラ属の細菌のうちの一部の株は、小腸や結腸の粘膜に侵入する性質をもっています。菌はそこで細胞を破壊して小さ な傷(潰瘍)をつくり、出血を起こし、タンパク質や電解質、水分を含む体液を大量に漏出させます。そのような下痢には白血球や赤血球が含まれており、血液 が見えることもあります。

胃腸炎の症状について

胃腸炎の症状について

胃腸炎をおこす感染症のうち、細菌やウイルスなど、人と人とで感染してしまうものがあるそうです。下痢だと、手をしっかり洗わないと、手についた菌が他のものに触れ、菌が口の中にはいってしまったり、嘔吐だと、吐いたものをしっかり拭きとって殺菌しておかないと、嘔吐物が乾燥して軽くなり、空中に飛んで口の中にはいってしまったりと、感染してしまう可能性が出てきてしまいます。感染性の胃腸炎の方が周りにいる可能性があるのであれば、なおさら清潔を心がけておかないと、感染はいくらでも広がる可能性があると言われています。

胃腸炎がある場合には、吐き気を強く伴い、全身の筋肉痛、関節痛を併発することがしばしばあります。つまり、風邪に似た症状が現れて、頭痛もその一つでございます。だから、胃腸炎がある患者は主に頭痛の病症もあります。頭痛がひどい場合は、痛みを緩和させる薬を服用したいところですが、原因が胃腸炎にあるならば薬は胃に刺激を与え、かえって状況を悪くしてしまいます。

吐き気や腹痛などの状況によって、それなりの痛み止めや吐き気止めの治療薬もあります。下痢・嘔吐などの症状が現れるときには、必要最低限の水分のみ摂取し、安静にしましょう。症状が治まってきたら、無理のない食事摂取や水分摂取をしていきます。胃に優しい消化のいい食べ物が一番最適です。通常、健康な大人だと、症状は比較的軽くて済むそうなのですが、免疫が弱くない人や乳幼児、高齢者だと、下痢や嘔吐で脱水が起こってしまったり、電解質バランスが崩れたりし、本当に大切なことです。